流動資産担保融資保証制度について

10月 10, 2017

流動資産担保融資保証制度とは、中小企業が持っている在庫などを担保として、金融機関からお金を借りる際に、信用保証協会が債務の保証を行う制度の事を言います。

中小企業では、お金の工面をする際に不動産を担保にする事に依存している状態で、在庫や売掛債権などの流動資産と呼ばれるものはあまり活用されていないのが現状と言われています。

ですので、信用保証協会が売掛金債権担保融資制度を拡充して、新たな補償制度として設立されたそうです。中小企業が借りたお金を返す事が出来ない場合は、信用保証協会が大半を代位弁済し、信用保証協会や金融機関は、中小企業側の流動資産から回収します。

融資対象者となる方は、中小企業であれば基本的に対象となりますので、金融機関から申し込みが出来ます。

また、基本的には、申し込みする方の持つ、在庫や売掛債権を担保とするので、会社の代表の方以外の保証人は立てる必要はないです。

ですが、在庫は価格の変動などがあるので、実際の在庫の値段のまま担保にする事は出来ませんし、売掛債権も倒産等のリスクも含めて売掛債権のそのままの金額では融資を受けることも出来ません。

ですが、中小企業の資金工面の新しい可能性として取り入れてみるのも良いのかもしれません。

 

変動金利の見直しについて

マイホームを持っている方では住宅ローンを組んでいる方が多いと思います。しかし、ローンを組んで数年経過するとローンを組む時にどういう契約内容で契約したのか、毎月の支払はいくら払っているかはわかっていても金利がどうなっているかなどはわからない方が多いのではないでしょうか。

低金利の現在では、数年前にローンを組んだ方について固定金利の方はもちろん、変動金利で契約している方についても金利の見直しをすることで毎月の支払が抑えられる場合があります。

方法は簡単です。民間の金融機関に現在返済している通帳と、当初契約した時にもらった返済予定表を持参して相談します。相談した段階で、毎月の返済額を落とせるかどうかある程度見込みを話してもらえるでしょう。

返済額を減らせるかどうかは、現在の契約内容や残りのローン金額などによって変わります。現在ローンを組んでいる金融機関とは別の複数の金融機関を回り、一番条件の良かった金融機関を指定して、契約をしなおすことになります。

相談するだけであれば費用はかかりません。

 

定期預金と投資に匹敵するリスクとは

サマーの時期になりますと、地方銀行などに申し込みが集中する場合があります。夏休みという節目を迎えて、資産増加を検討する方々も見られるからです。それで増加したいと望むならば、定期預金という選択肢はあります。

実際それは、やり方によってはお金を増やせる可能性があります。それゆえに、検討をする人々も珍しくありません。ただし、注意するべき点が一つあるのです。保険預金対象外という点です。

そもそも普通タイプの商品ならば、原則として元金は保障される事になります。銀行に万が一の事があっても、資産は守られる訳です。

ところが上記でも触れた定期タイプですと、対象外になります。それで銀行としては、様々な商品を扱っているでしょう。中にはちょっとリスクが高めなタイプもあり、いわゆる外貨投資に匹敵するほどの危険度になる事もあります。

それゆえに預金商品の申し込みをする前に、それなりにリスクも知っておく必要がある訳です。それを徹底しておけば、基本的には大きな問題は発生しません。

 

破産申立に関して相談してみる

会社を営むとなると、色々なエピソードがあります。古書奇談などを含めて、それこそ色々な話がある訳です。会社の任務にあたっては、幾つか留意点があります。その1つとして、破産申立が挙げられます。

会社の経営などは、必ずしも順調に進むとは限りません。時には、簡単に進まない事もあり得る訳です。それで会社などは、原則として様々な方法で資金繰りをする事になります。それでたまに、失敗してしまうケースもある訳です。

最悪の場合は、破産申立になってしまうケースもあります。それで多くの法人は、破産申立にはあまり慣れていません。むしろ、それが全く初めてという法人が圧倒的に多いです。

したがって破産に関する手続きなどを、誰か専門知識が多い方々に相談したいと思うケースもあります。

候補の1つが、法律事務所という訳です。過払いなどの手続きも行っている位ですから、もちろん企業の破産にも相談に乗ってくれます。やり繰りが厳しい時には、相談すると良いでしょう。

Uncategorized

Posted by admin